シエラネバダ「ペールエール」はアメリカンペールエールを語るうえでは外せない!

シエラネバダ「ペールエール」はアメリカンペールエールを語るうえでは外せない!

商品概要紹介

今回ご紹介するシエラネバダ「ペールエール」は、アメリカ カリフォルニア州にあるシエラネバダブリューイングの看板商品であるアメリカンペールエールです。

柑橘系の鮮烈なアロマが特徴のアメリカを代表するホップ品種「カスケード」が初めて使われたビールです。そのホップの強烈な香りは、当時の人びとにとんでもない衝撃を与えたそうです。アメリカのクラフトビール人気の爆発はこの1本から始まったとまで言われていますので、クラフトビール好きには絶対に外せない1本です!

基本データ

値段:1本あたり540円(税込)
内容量:355ml
アルコール:5.6%
IBU:38
ビアスタイル:アメリカンペールエール
国:アメリカ(カリフォルニア)

醸造しているシエラネバダブリューイングとは?

アメリカのクラフトビールシーンに革命を起こした名門ブリュワー。30年以上の歴史を持つアメリカでも屈指の老舗でありながら、現在でも新たな試みを続ける姿勢はまさに生ける伝説とも言われています。

創始者のケン・グロスマンは若きホームブルワーとして、手作りの設備で約19リットルのビールを作ることからスタートしました。大学で化学を学んだ後、自分と同じように醸造に夢中な人たちのために、シエラネバダ山脈の麓にひっそりとたたずむ学園都市チコにホームブルーイングの店を開きます。

グロスマンは限られた資金の中で、自身のブルワリーに中古の酪農タンクとソフトドリンクの瓶詰め機を取り付け、すでに廃業しているブルワリーから設備を引き取りました。
1980年に最初のシエラネバダ・ペールエールが誕生。濃厚な味わいに松の香りがするこのビールは瞬く間に大ヒットとなりました。需要に応えるために醸造所を2度も拡張しなければなりませんでした。

決して現状に満足することがないことでも有名であり、業界の巨人となった今でも、どのビールも全て同じ香りや味わいとなるように品質の維持を追求し続け、いつどこで飲んでも同じ味を楽しめることにこだわっています。

シエラネバダブリューイング 公式HP

アメリカン・ペールエールってどんなビアスタイル?

アメリカン・ペールエールとは、ミディアムボディー(飲み込む時の抵抗感のこと。ミディアムなので中くらい、という指標)のビールで、アメリカ産のホップを使用することで生まれる「フローラル、フルーティー、シトラス、松」を感じるアロマが特徴的。
ほのかなキャラメルを感じさせるような加熱処理された麦芽の香りも楽しめます。
一般的には、アメリカン・ペールエールはイングリッシュスタイルやヨーロピアンスタイルのペールエールに比べると、香りや苦味が強めというところも大きな違いとして認知されています。

アメリカン・ペールエールの魅力的な点は、どんな食事にも合わせやすい、言ってしまえば“フレンドリースタイル”だというところ。アメリカのレストランで出てくるようなチキンのサラダや、ディップにつけて食べるトルティーヤチップ、それがチリソース系の辛いものでもチーズ系の濃厚なものでも、全然問題ありません。
シーフードの料理でもましてやデザートとでも合うとされています。
それはアメリカンペールエールが、素材の旨みを脚色せずそのまま生かしているスタイルのため、食べ物との親和性が高いから、と言われています。

シエラネバダ「ペールエール」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

全ての始まり。
永遠の名作。全米No.1ペールエール。

出典:https://www.antenna-america.com/item/SierraNevada/B041-001_c/

パッケージ

鮮やかな緑色の缶に醸造所の由来であるシエラネバダ山脈のイラストが描かれています。さりげない麦とホップのイラストにも注目です。
創業者のケン・グロスマンはバックパッカーでもあり、よくハイキングに出かけていたため、お気に入りのシエラネバダを醸造所の名前にしたそうです。
自然が豊富なシエラネバダ山脈の環境が、ビールの風味や味わいにも豊かさを与えているように感じてしまいますね。

シエラネバダ「ペールエール」を飲んでみた感想

苦味★★★★
酸味★★
コク★★★
香り★★★★
のどごし★★★
編集部感想

グラスに注ぐと、透き通ったアンバー色の液体から柑橘と麦芽の甘味の香りが漂ってきます。

改めて香りをチェックすると…グレープフルーツや松の香りがすごい!アメリカのホップが好きな方には「これこれ!」と思うような香り。微かにフローラルな花のようなニュアンスも感じます。柑橘やグラッシーな香りに興奮しているところこの花の香りにリラックスさせられました。

味わいの方もホップの個性が光ります。苦味がはっきりと感じられ、飲み込んでからもしばらく持続します。この苦味の継続に次のもう一口が誘う!苦味だけでなくモルトの甘味と酸味がバランス良く感じられ、うまく苦味と手を取り合っているような印象です。

さすがはアメリカンペールエールの元祖。気がついたらあっという間に一本空けてしまいました。非常にバランスのとれたビールなので軽いスナック系から洋食、中華、エスニック料理などどんな料理とも合わせられそうです。

シエラネバダ「ペールエール」はどこで買える?

Amazon・楽天などのオンラインショップでご購入いただけます。

【アメリカ クラフトビール老舗ブリュワリー】 伝説のペールエール シエラネバダ ペールエール ボトル 355ml x 6pack
Sierra Nevada(シエラネヴァダ)

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
FOLLOW US
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中

新着記事

箕面ビール「スタウト」黒ビール好きは絶対に外せない!世界が認めたスタウト

箕面ビール「スタウト」黒ビール好きは絶対に外せない!世界が認めたスタウト

クラフトビールレビュー 2019.12.10
常陸野ネストビール「セゾン・ドゥ・ジャポン」柚子と米麹が決め手!和のテイスト溢れるユニークなセゾン

常陸野ネストビール「セゾン・ドゥ・ジャポン」柚子と米麹が決め手!和のテイスト溢れるユニークなセゾン

クラフトビールレビュー 2019.12.08
富士桜高原麦酒「ドラゴンモザイク」ヴァイツェン×シトラホップ!まろやかで飲みごたえのある限定ヴァイツェン

富士桜高原麦酒「ドラゴンモザイク」ヴァイツェン×シトラホップ!まろやかで飲みごたえのある限定ヴァイツェン

クラフトビールレビュー 2019.12.07
ふるさと納税の返礼品で貰えるクラフトビール・地ビールのオススメ11選

ふるさと納税の返礼品で貰えるクラフトビール・地ビールのオススメ11選

特集 2019.12.06
グランドキリン オレンジIPA 冬キラキラ 冬にじっくり楽しむほろ苦いオレンジIPA!

グランドキリン オレンジIPA 冬キラキラ 冬にじっくり楽しむほろ苦いオレンジIPA!

クラフトビールレビュー 2019.12.05
ヴェルハーゲ醸造所「ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ」複雑な酸味と甘み!ベルギー伝統のレッドエール

ヴェルハーゲ醸造所「ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ」複雑な酸味と甘み!ベルギー伝統のレッドエール

クラフトビールレビュー 2019.12.04
ヴァン・ホンスブルック醸造所「グーズ フォン トラディション」旨味を纏った強烈な酸味!ベルギーの自然発酵ビール

ヴァン・ホンスブルック醸造所「グーズ フォン トラディション」旨味を纏った強烈な酸味!ベルギーの自然発酵ビール

クラフトビールレビュー 2019.12.03
箕面ビール「ヴァイツェン」小麦の優しさに包まれる癒しのヴァイツェン

箕面ビール「ヴァイツェン」小麦の優しさに包まれる癒しのヴァイツェン

クラフトビールレビュー 2019.12.01
New Belgium Brewing「Voodoo Ranger Juicy Haze IPA」デイリー飲みにおススメ!安定のヘイジーIPA

New Belgium Brewing「Voodoo Ranger Juicy Haze IPA」デイリー飲みにおススメ!安定のヘイジーIPA

クラフトビールレビュー 2019.11.30
サンクトガーレン「el Diablo」モルトとホップの凝縮感がたまらない!悪魔という名のバーレイワイン

サンクトガーレン「el Diablo」モルトとホップの凝縮感がたまらない!悪魔という名のバーレイワイン

クラフトビールレビュー 2019.11.29