Lagunitas「Sumpin’ Easy Ale」小麦の優しさとホップの苦味のバランスがとれたペールエール

Lagunitas「Sumpin’ Easy Ale」小麦の優しさとホップの苦味のバランスがとれたペールエール

商品概要紹介

Lagunitas「Sumpin’ Easy Ale」は、小麦麦芽がふんだんに使われた滑らかでホッピーなペールエールスタイルのビールです。

基本データ

値段:1本あたり561円(税込)
内容量:355ml
アルコール:5.7%
IBU:50.8
ビアスタイル:ペールエール
国:アメリカ

醸造しているLagunitasとは?

Lagunitasは1993年にアメリカ・カリフォルニア州で創業されたアメリカ西海岸を代表するクラフトブルワリーです。

カリフォルニア州で初のIPAスタイルのビールを発売した彼らは、アメリカ西海岸にホップの革命を起こしたIPAブームの先駆け的な存在とされています。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

ペールエールってどんなビアスタイル?

ペールエールとは、18世紀にイギリスの代表的なビールとして飲まれていた上面発酵によって醸造されるエールビールの1種。
ペールとは「淡い」という意味を指し、当時一般的だった黒ビールに比べて淡い色合いをしてい為、相対的にそう呼ばれるようになったそうです。

日本で広く飲まれているピルスナーと比べると、赤褐色の色合いや、苦味や香りの複雑さが特徴的なスタイルです。 

コンセプトについて

フルーティーな中にほのかな苦味、口当たり滑らかなエール。

出典:https://www.antenna-america.com/item/Lagunitas/B025-032/

パッケージについて

荒野を駆けるアメリカ車が背景に映る鮮やかなパッケージです。

淡い水色の空と黄色い大地、そしてオレンジ色の車が鮮やかですね。
ボトル正面にはラグニタスのロゴの入った王冠。

ブルワリー名と商品名も大きく描かれており、シンプルながら心に訴えかけられるようなデザインに感じました。

Lagunitas「Sumpin’ Easy Ale」を飲んでみた感想

苦味★★★★
酸味★★
コク★★★
香り★★★★
のどごし★★★
編集部感想

外観は若干のくすみがあるゴールデンです。
豊かなきめ細やかな泡立ちがあり、持続もあります。

香りはホッピーで柔らかな印象です。
グレープフルーツやレモンなどのシトラス、マンゴーや桃などのトロピカルフルーツ。松の香りと小麦の優しい風味も感じられました。

味わいは滑らかながら苦味が立っています。
口当たりは優しいですか、甘み控えめなドライな印象があります。その直後にしっかりとした苦味と爽やかな酸味が来ます。
苦味はハーブのようなジワリとした感覚ですが、味の引きがとても早く潔いです。余韻にはモルトの風味と苦味がかすかに残り、アルコール感も最後に感じられます。

非常に爽やかなキレ味のペールエールでした。
小麦の優しさもありながら苦味やアルコール感がしっかりあり、料理との相性は広そうです。
ハーブやレモン、スパイスで味付けしたお料理と相性抜群な予感です!
次回飲むときはぜひ合わせてみたいです。
みなさんもぜひお試しを!

Lagunitas「Sumpin’ Easy Ale」はどこで買える?

アメリカクラフトビール専門店のアンテナアメリカの店頭およびオンラインショップで購入できます。

Lagunitas サンピン イージー エール 販売ページ

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中