ハワイのビール「FIRE ROCK Pale Ale(ファイヤーロック ペールエール)」

ハワイのビール「FIRE ROCK Pale Ale(ファイヤーロック ペールエール)」

商品概要紹介

今回レビューする「FIRE ROCK Pale Ale」(ファイヤーロック ペールエール)は、柑橘系のフルーティーさと口当たりの良さがとっても飲みやすいハワイの人気ビールの一つ。飲みやすいけれど次第にちゃんと苦味も効いてきます。どんなご飯にも合わせやすそうなアメリカンスタイルなビールです!

基本データ
値段:1本あたり429円(税込)
内容量:355ml
アルコール:5.8%
IBU:35
ビアスタイル:アメリカン・ペールエール
国:アメリカ (ハワイ)

醸造しているKona Brewing Co.(コナブリューイング)とは?

Kona Brewing Company (コナ ブリューイング カンパニー)は、父と息子であるCameron Healy (キャメロン・ヒーリー)とSpoon Khalsa(スプーン・カルサ)によって始まりました。
二人はハワイの持つ「スピリット、文化、美しさ」を地元で育まれるクラフトビールに反映したいというビジョンを持って、1994年その夢に向かってこの醸造所を設立。
今日に至るまでを振り返ってみれば、コナブリューイングは世界中で最も売れているクラフトビールブランドの一つになりましたが、その成功があってもなお、「革新的であること、継続していくこと、地域社会との繋がりを持つこと」というハワイのルーツに忠実であることを大切にしてきています。
そして全てが始まったハワイ島(通称ビッグアイランド)にあるカイルア・コナに、今もなお本社を構えています。

コナブリューイング 公式HP

アメリカン・ペールエールってどんなビアスタイル?

ペールエールとは、18世紀にイギリスの代表的なビールとして飲まれていた上面発酵によって醸造されるエールビールの1種。

そのペールエールの中でもアメリカに渡ってから生まれた、アメリカ産のホップを使用したシトラスや松などのアロマが特徴的なスタイルを「アメリカン・ペールエール」と呼びます。

一般的には、アメリカン・ペールエールはイングリッシュスタイルやヨーロピアンスタイルのペールエールに比べると、香りや苦味が強めというところが特徴的です。

「FIRE ROCK Pale Ale(ファイヤーロック ペールエール)」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

「Fire Rock Pale Ale」はローストされたモルトと厳選された上質なホップを使用した銅色のエールビール。
ハワイアンスタイルを取り入れたこの商品は、口触り滑らかでありながら、飲む前にも飲んだ後にも大胆に広がってゆく香りを楽しめます。

出典:https://konabrewingco.com/our-beers

パッケージ

火山から流れてくる溶岩が水にぶつかって煙が上がっている様子を、涼しげな格好をしている二人が黒いゴツゴツとしたところに座りながら眺めている、という図。

公式サイトにはOrigin Storyとしてこのようにパッケージの説明がありました。

『ビッグ・アイランドと呼ばれているハワイ島の南端は「マウナロア山」 と「キラウエア火山」という名の2つの活火山で分割されていています。

噴火の継続時間が最も長いとされる「キラウエア火山」の東から起こる噴火は、太平洋に急傾斜している斜面を下って赤い溶岩の川となり、溶岩が海水にぶつかると岸から水蒸気の雲を発生させます。

ハワイ島はこの自然の力の恩恵を受けて大きくなっていて、ハワイのこの場所は溶岩が流れていく光景を目の前で見ることのできる、数少ない場所です。』

なるほど、このラベルはその大変珍しい光景が表現されていたのですね。

ハワイで火山、というと私はジュラシックパークのロケ地を思い出しましたが、もしかしてココ!?と思い調べました。

赤いところが左から「マウナロア山」 と「キラウエア火山」。

青いところが、ジュラシックパークのロケ地として有名な観光スポット「クアロア・ランチ」。

遠かった(笑)

「FIRE ROCK Pale Ale(ファイヤーロック ペールエール)」を飲んでみた感想

苦味★★★
酸味
コク★★★
香り★★★★
のどごし★★★
編集部感想

注いだ時に香りがそんなに感じられず、おや?と思いましたが、(後で気づいたけれど、これはグラスをキンキンに冷やして注いでしまったためだと思われる…)飲んでみればとってもフルーティーで、滑らかな口触りの飲みやすいビールだ!というのが最初の印象。

その反面、アメリカのホップを使えば苦味が強くなるはずなのに「別にそんなことないなあ」なんて思ったりしていると、3口目くらいからちゃんと苦味を感じ始めます。

うーん、やっぱりちゃんと苦いじゃないか!

苦味をしっかり感じた後も、甘みも口に残るし飲みごごちが軽やかなので相対的にはフルーティーなビールだな、といった印象です。
そして麦芽とホップしか使っていないことで、お米を使ったもののようなベトベト感が口に残らない。 後味の良さを感じることができて尚心地良しでした。

アルコール約6%というところも徐々に発揮されてきて、苦味が効いてくるわアルコールも効いてくるわでなかなかちゃんといい気分になれちゃう、まさにハッピーなハワイの空気感じるアロハ感。

強いて言うとすれば、飲んだ瞬間から苦味やのどごしをガッツリ感じたい、飲んだ後の「クゥ〜〜っ!」がほしい方、例えば日本の辛口ラガービールの愛飲家の方にとっては少し物足りなさを感じるかもしれません。

ですが、料理を選ばず何にでも合いそうなのは、食卓への想像が膨らんでいきますね。
食事に華やかさを添えてくれるこのビールが、おつまみだけじゃ物足りない気分の一日をパッと明るくしてくれるはず!
個人的には、ハワイのロコモコと合わせて頂いてみたいです。

「FIRE ROCK Pale Ale(ファイヤーロック ペールエール)」はどこで買える?

Amazon・楽天等のオンラインショップでご購入いただけます。

created by Rinker
Kona(コナ)
¥2,625 (2020/11/28 22:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中