富士桜高原麦酒「ヴァイツェン」濃厚なバナナの香りと小麦の柔らかさが溢れるヴァイツェン

富士桜高原麦酒「ヴァイツェン」濃厚なバナナの香りと小麦の柔らかさが溢れるヴァイツェン

商品概要紹介

富士桜高原麦酒「ヴァイツェン」は、小麦の柔らかな甘味とバナナやクローブの香りが特徴的な、南ドイツ伝統の王道ヴァイツェンスタイルのビールです。

基本データ

値段:403円(税別)
内容量:330ml
アルコール:5.5%
IBU:12
ビアスタイル:ヴァイツェン
国:日本(山梨県)

醸造している富士桜高原麦酒とは?

山梨県南都留郡富士河口湖町の富士観光開発株式会社が醸造・販売している地ビールのブランド。

ビールの本場ドイツで百年以上の歴史を持ち多くの優れた醸造士を輩出した「デーメンス醸造専門学校」で学んだ技術で造る本格的なドイツスタイルのビールを提供し、国内外のコンペで数々の受賞を果たしている老舗ブリュワリーです。

富士桜高原麦酒公式サイト

ヴァイツェンってどんなビアスタイル?

「ヴァイツェン」とは、ドイツ語で「小麦」を意味します。

南ドイツのバイエルン地方で昔から作られている伝統的なビールスタイルで、酵母がもたらすフルーティーでバナナのような香りが特徴です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

富士桜高原麦酒「ヴァイツェン」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

“キレ”と“のど越し”という一般的なビールのイメージをくつがえす当醸造所の集大成であり、バナナのようなクローブ&エステル香は混じり気のない新鮮酵母に由来したもの。酵母が自らつくりだす極小の泡は、絹のように滑らかな舌触りとなって口のなかに余韻を残します。

出典:https://www.fujizakura-beer.jp/line-up/beers/?id=beers_weizen

パッケージ

富士桜高原麦酒のレギュラー商品ということで、お馴染みのパッケージデザインが施されています。

富士桜高原麦酒「ヴァイツェン」を飲んでみた感想

苦味
酸味★★★
コク★★★
香り★★★★
のどごし★★
編集部感想

外観はクリアなゴールデンでしたが、瓶底の酵母を混ぜるとかなりの濁りが出ます。
泡は非常に滑らかでムースのようです。時間が経ってもずっと消えない持続がありました。泡立ちがとても良いので注ぐ時はくれぐれもゆっくりと!

香りはヴァイツェンの特徴がかなり強く出ています。
食べ頃のバナナのようなまったりとした甘さ。小麦の甘い香りと少しの酸味を感じます。
クローブのスパイシーさは控えめで、柔らかなバナナと小麦の甘さが強調されている印象です。

味わいはとてもソフトで、柔らかいです。
小麦の甘みをはっきりと感じます。苦味はなく、控えめな酸味が甘みを引き立てています。ヴァイツェン特有の香りが終始口から鼻へ抜けていき、優しい甘みのある風味に癒されました。
最後は麦芽のシリアルのような甘みがほのかに残ります。

お手本のようなヴァイツェンでした。
泡のモコモコ感が素晴らしく、その見た目にうっとりさせられました。
国産ヴァイツェンではトップクラスの品質だと思います!
ヴァイツェンのお勉強にもおすすめですので、ぜひ一度その滑らかさを味わってみてください。

富士桜高原麦酒「ヴァイツェン」はどこで買える?

Amazon・楽天などのオンラインショップでご購入いただけます。

created by Rinker
富士桜高原麦酒
¥1,936 (2020/07/04 04:52:33時点 Amazon調べ-詳細)

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中