気軽に飲めるヴァイツェンスタイル、エチゴビール「ホワイトエール」

気軽に飲めるヴァイツェンスタイル、エチゴビール「ホワイトエール」

商品概要紹介

「ホワイトエール」は新潟県のエチゴビールが製造するヴァイツェンスタイルのビールです。
軽やかで少しの酸味のあるフルーティーな香りと味わいが特徴です。

基本データ

値段:1本あたり288円(税込)
内容量:350ml
アルコール:5%
IBU:16
ビアスタイル:ヴァイツェン
国:日本(新潟県)

醸造しているエチゴビールとは?

エチゴビールは新潟県新潟市にある全国第一号地ビールメーカーです。

1994年、酒税法の改正によりビール製造における規制が緩和。
この改正を受けて元々日本酒造りで知名度の高かった上原酒造がエチゴビールとしてビールの製造・販売を開始しました。

現在は自社のビールのみならずOEMで他ブランドのビールの製造もしているそうです。

エチゴビール 公式サイト

ヴァイツェンってどんなビアスタイル?

まず「ヴァイツェン」とは、ドイツ語で「小麦」という意味です。

ヴァイツェンビールは南ドイツのバイエルン地方で昔から作られている伝統的なビールスタイルです。

通常ビールの醸造には大麦麦芽を使いますが、ヴァイツェンは小麦麦芽を50%以上使用し、ヴァイツェン酵母というヴァイツェンの醸造に特化した酵母が使われます。

この酵母がもたらすフルーティーでバナナのような香りも特徴です。

また小麦に含まれるタンパク質によりグラスに注ぐと泡立ちがよく、全体的にコクがあり苦味もなく飲みやすいビールです。

ちなみに、酵母をろ過していないヴァイツェンはへーフェヴァイツェンと呼ばれます。

エチゴビール「ホワイトエール」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

南ドイツの伝統的なレシピの白ビール。美しい均質な白いにごりと、爽やかでフルーティーな香りが特徴です。

出典:https://echigobeer.com/products.php

パッケージ

淡い水色の缶に、ドイツの民族衣装を着た男女がビールを持って乾杯しているイラストが描かれています。ヴァイツェン発祥の地、バイエルン地方が背景に見えます。男女の持っているグラスがヴァイツェン用のグラスというところも細かい!!

「Hopfen und Malz, Gott erhalt’s」というドイツ語の言葉が書かれています。調べてみると、「神よホップと麦芽をお守りください」という意味だそうです。ドイツのビール愛好家が口にするセリフだそうです。さすがはビール大国ですね。

裏面にはエチゴビールのトレードマークでお馴染みのヤギのイラストが描かれています。

https://www.vorwerk.co.jp/special/cat531/german-lecture-008.html

エチゴビール「ホワイトエール」を飲んでみた感想

苦味
酸味★★★
コク★★★
香り★★★★
のどごし★★★★
編集部感想

薄い黄色の見た目がとても綺麗です。小麦を使ったビールですが、濁りはわずかにしか確認できませんでした。それが逆に白ワインのようなキリッとした見た目で、個人的にとても良いと思いました!泡立ちはとてもよく、グラスにゆっくり注ぐとキメの細かいモコモコした優しい泡が出来上がります。

香りには小麦特有のバナナ香とヨーグルトやサワークリームのような爽やかな酸っぱさを感じます。温度が上がると麦の香ばしさや甘い香りが出てきました。

味わいも酸味が特徴的です。口に含むと甘味と酸味が初めに感じられ、酸味は弱いながらもしばらく持続します。非常にさらっとした食感で、苦味はほとんど感じられません。余韻は麦の香ばしさがあり、それまであった酸味はすっと消えていきました。

全体的に優しい酸味が印象的でした。きつい酸っぱさではなく、麦の甘味を引き立てる穏やかな酸味ですので、ほっと落ち着く味わいです。

エチゴビール「ホワイトエール」はどこで買える?

Amazon・楽天などのオンラインショップでご購入いただけます。

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中