Belching Beaver「Here Comes Mango IPA」トロピカルだけどしっかり苦い!!ユニークなマンゴーIPA

Belching Beaver「Here Comes Mango IPA」トロピカルだけどしっかり苦い!!ユニークなマンゴーIPA

商品概要紹介

Belching Beaver「Here Comes Mango IPA」は、フレッシュな生のマンゴーを使用した南国感溢れるIPAスタイルのビールです。

基本データ

値段:1本あたり652円(税込)
内容量:355ml
アルコール:6.6%
IBU:55
ビアスタイル:IPA
国:アメリカ

醸造しているBelching Beaver(ベルチング ビーバー)とは?

2012年に創業したアメリカ・カリフォルニア州のブルワリーです。
創業者であるトーマス・フォーゲルが、コロナド ブリューイングのブリュワーであり親友のトロイ・スミスと共にこの新しいブルワリーを立ち上げました。

トーマスはこのブリュワリーを立ち上げる際に実現したいアイデアが2つありました。

1つは、単純に美味しいビールを造るだけでなく、“Good Time”を提供するためにいつもやんちゃで楽しいブルワリーであること。
2つ目は、全ての人、全ての味覚に合うようなビールを造ること。

そんな彼らを象徴するかのようなブルワリーのロゴマークは、ちょっぴり間抜け顔のビーバーです。
大きく空いた口からぽこぽこと気泡が出ていますが、実はこれゲップだそうです。
彼らのビールのパッケージには大抵このビーバーが描かれていますが、それぞれのビールごとに装いや持ち物が変化しており、私たちを楽しませてくれています。

そしてBelching Beaverのビールは非常にビアスタイルが豊富です。
基本のIPAからミルクスタウト、フレッシュなラガー、バレルエイジなど、どんな好みにも対応できるほどのラインナップを取り揃えています。

彼らの生み出す高品質で楽しいビール体験は、ビールマニアだけでなく多くの人々から支持を受けており、その期待に応えるべく大きな成長を続けています。

Belching Beaver 公式サイト

IPA(インディア・ペールエール)ってどんなビアスタイル?

インディア・ペールエールは、ホップを大量に使用することで生まれるインパクトのある苦味と香りが最大の特徴のビアスタイルです。

18世紀にイギリスからインドへビールを輸送する際、ビールが腐敗することを防ぐために大量のホップを入れたことがIPAが生まれた背景と言われています。

より詳しくは下記の記事をご覧ください。

Belching Beaver「Here Comes Mango IPA」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

本物のマンゴーを使用することにより、ホップアロマにさらなるトロピカル感を与え、苦みとフルーティーさがバランス良く交わるIPA。

出典:https://www.antenna-america.com/item/B058-005/

パッケージ

マンゴーを使ったビールということで、マスコットキャラのビーバーはしっかりと右手にマンゴーの果実を持っています。
緑色のサングラスから常夏気分を感じさせられますね。
カラーリングもマンゴー色で、緑からオレンジ色のグラデーションが鮮やかに映えます。

Belching Beaver「Here Comes Mango IPA」を飲んでみた感想

苦味★★★★★
酸味★★★
コク★★★★
香り★★★★
のどごし★★
編集部感想

外観は少しくすみのあるゴールドです。グラスに注ぐと酵母の粒が舞いあがります。
泡立ちはあまりありませんが、持続はそこそこあります。

香りはマンゴーそのもの!
生の果実に感じるマンゴーの甘い香りが強く出ています。その裏にはホップのオレンジのようなシトラス感やトロピカルな香りがあります。
ですがやはりマンゴーがかなり強く、他の香りを探そうとしてもマンゴーがグイグイと鼻に入り込んできます。

味わいはフレッシュな甘さと強めの苦味のギャップが面白いです。
アタックはマンゴーの甘さがふわっと漂う…と思いきやその直後に強烈な苦味に襲われます。イキイキした酸味も後から来ますが、やはり苦味がかなりしっかりと感じられる。甘みは程よく、後を引きません。しばらくマンゴーの風味と苦味が続いて、ゆっくりそれらが消えるとともにアルコール感がお腹からこみ上げてきます。フルーティーな香りと味わいですが、なかなか骨太なボディです。

マンゴー感満載でしたが、しっかりIPAしているビールでした!
常夏気分でひと口飲んでみたら、頬を叩かれたかのような苦味が面白かったです。マンゴーの甘さがあるからこそ、苦味が引き立って感じられたんでしょうか?
フルーツビールではありますが、がっつり食中酒向きだと思います。フルーツソースを使ったステーキなどと合わせてみたいです。

マンゴーの甘みとホップの苦味。
このギャップ、面白いです!

Belching Beaver「Here Comes Mango IPA」はどこで買える?

アメリカクラフトビール専門店のアンテナアメリカの店頭およびオンラインショップで購入できます。

Belching Beaver Here Comes Mango IPA 販売ページ

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
FOLLOW US
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中

新着記事

黄桜「LUCKY MOUSE」2020年は子年!ライトでホッピーなセッションIPA

黄桜「LUCKY MOUSE」2020年は子年!ライトでホッピーなセッションIPA

クラフトビールレビュー 2020.01.19
BrewDog「Zwickel Helles」アメリカンホップが華やかなへレス

BrewDog「Zwickel Helles」アメリカンホップが華やかなへレス

クラフトビールレビュー 2020.01.17
Indeed Brewing「Mexican Honey」強烈なインパクトのちょっと危ないインペリアルラガー

Indeed Brewing「Mexican Honey」強烈なインパクトのちょっと危ないインペリアルラガー

クラフトビールレビュー 2020.01.16
シエラネバダ「CELEBRATION」フレッシュホップ使用の古き良きアメリカンIPA

シエラネバダ「CELEBRATION」フレッシュホップ使用の古き良きアメリカンIPA

クラフトビールレビュー 2020.01.14
サンクトガーレン「スイートバニラスタウト」バニラの風味に身を纏った甘美なスタウト

サンクトガーレン「スイートバニラスタウト」バニラの風味に身を纏った甘美なスタウト

クラフトビールレビュー 2020.01.13
Indeed Brewing「Shenanigans」フレッシュで飲みやすいはちみつレモンなウィートエール

Indeed Brewing「Shenanigans」フレッシュで飲みやすいはちみつレモンなウィートエール

クラフトビールレビュー 2020.01.12
gweilo「SKYLINE IPA」香港×デンマーク!夢のコラボが生んだすっきりスムースなニューイングランドIPA

gweilo「SKYLINE IPA」香港×デンマーク!夢のコラボが生んだすっきりスムースなニューイングランドIPA

クラフトビールレビュー 2020.01.10
BrewDog「Dry-Hopped Dortmunder Export」ドイツのモルティとアメリカのホッピーが融合したラガー

BrewDog「Dry-Hopped Dortmunder Export」ドイツのモルティとアメリカのホッピーが融合したラガー

クラフトビールレビュー 2020.01.09
サンクトガーレン「アンバーエール」香ばしさと苦味が心地よいゆったり飲めるアンバーエール

サンクトガーレン「アンバーエール」香ばしさと苦味が心地よいゆったり飲めるアンバーエール

クラフトビールレビュー 2020.01.08
gweilo「Session IPA」超軽やか!どんなシーンでも活躍すること間違いなしのセッションIPA

gweilo「Session IPA」超軽やか!どんなシーンでも活躍すること間違いなしのセッションIPA

クラフトビールレビュー 2020.01.07