志賀高原ビール「其の十」10周年記念にふさわしいインペリアルIPA

志賀高原ビール「其の十」10周年記念にふさわしいインペリアルIPA

商品概要紹介

志賀高原ビール「其の十」は、長野県の志賀高原ビールが製造する、同ブランドの10周年を記念して生まれた10番目のIPAスタイルのビールです。

基本データ

値段:1本あたり463円(税込)
内容量:330ml
アルコール:7.5%
IBU:75
ビアスタイル:インペリアルIPA
国:日本(長野県)

醸造している志賀高原ビールとは?

志賀高原ビールは、長野県山ノ内町の酒蔵「玉村本店」の製造するクラフトビールブランドです。
「自分たちが飲みたいビール」をコンセプトに掲げ、志賀高原の自然の中で個性豊かなビール造りを行なっています。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

インペリアルIPAってどんなビアスタイル?

インペリアルIPAとは、IPAの中でもとりわけ苦味や味わい、アルコール度数が強いものを指します。

類似スタイルにはダブルIPAがありますが、それよりもさらに強烈なものがインペリアルIPAと呼ばれます。
明確な定義があるわけではありませんが、どちらも強烈なIPAという点では違いはありません。

「インペリアル」の由来は、インペリアルスタウトというビアスタイルから拝借しています。

かつてイギリスがロシアの皇帝にスタウトを献上するために、防腐対策としてアルコール度数や味わいを強めたビールを造りました。
こうして「皇帝のための強いスタウト」としてインペリアルスタウトが誕生したのです。
(IPAと似たようなストーリーですね)

このインペリアルという言葉は「強い、強烈な」という意味に置き換えられて、スタウト以外の様々なビアスタイルにも付け加えられるようになりました。

志賀高原ビール「其の十」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

志賀高原ビールの十周年を記念して生まれた「十番目のIPA」。
スッキリとした飲み口と、華やかなホップ香と苦みの新しいインペリアルIPAです!

出典:http://tamamura-honten.co.jp/?pid=97647214

パッケージ

志賀高原ビール10周年を記念して造られたビールということで、他のシリーズとは異なるパッケージデザインとなっています。

ロゴマークである大蛇のイラストがボトル正面に大きく描かれており、「其の十」と縦に商品名が記載されています。カラーリングは紫色です。
志賀高原ビールの他の商品は横文字が使われているのに対して、この10周年ビールは和風チックなネーミングですね。

志賀高原ビール「其の十」を飲んでみた感想

苦味★★★★★
酸味
コク★★★
香り★★★★
のどごし★★
編集部感想

綺麗に澄んだゴールデンの色調で、クリアな見た目にうっとりしてしまいます。泡のきめ細かさも特徴で、上品な印象を受けました。

香りは軽やかですが、さまざまな要素を感じます。
米とモルトからくる軽いクリスピーな穀物系の香りを初めに感じます。続けてホップの柑橘系、松の強い香りが現れ、爽やかな風味を醸し出します。温度上がるとトロピカルな果物の香りも出てきて、バラエティ豊かな香りを楽しめます。

クリアな外観と華やかな香りに反して味わいは強烈です!
ひと口含むと、ホップの柑橘系の香りとともに苦味と甘味をガツンと感じます。モルトの甘味をはっきりと感じますが、後を引きません。苦味は結構しっかりしていて、長い持続があり余韻にも続きます。アルコールの厚みが味わいの中頃にふわっときてすぐに抜けていきました。初めはさらっとした口当たりですが、温度が上がるとどんどんホップの香りが強まり、ジューシーな印象に変化していきます。

強烈なIPAではありますが、凛としたしなやかさも兼ね備えており非常にウマいです。
しっかりとしたボディでありながら、飲みやすさもあるので、お料理との相性の守備範囲も広めです。
飲み進めていく間にどんどん味わいや香りに変化が起こるので、口の広い大きめのグラスでゆっくり楽しむのがおススメです。

志賀高原ビール「其の十」はどこで買える?

Amazon・楽天などのオンラインショップでご購入いただけます。

created by Rinker
志賀高原ビール
¥1,696 (2020/06/06 20:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中