GRAND KIRIN WHITE ALE(ホワイトエール)!まるでマスカットジュースを飲んでるようなビール!

商品概要紹介

GRAND KIRIN WHITE ALE(ホワイトエール)はキリンビールが製造しているクラフトビールです。

同シリーズではIPL、IPAの定番品のラインナップがあります。
限定醸造のビールも時々登場します。

基本データ

値段:1本あたり248円(税込)
内容量:350ml
アルコール:5.5%
IBU:-
ビアスタイル:ホワイトエール
国:日本

醸造しているキリンビールとは?

言わずと知れた国内大手のビールメーカー。他にも淡麗(生)、のどごし(生)、本麒麟、氷結などの酒類の製造・販売やリキュールの販売を行っています。
グループ企業のキリンビバレッジとしてペットボトルの緑茶飲料の生茶や紅茶飲料の午後の紅茶、缶コーヒーのFIRE等の清涼飲料水の製造販売、グループ企業として医薬品の開発を行う協和キリン等の関連企業があります。

歴史も深く、1869年にローゼンフェルトとウィーガントという人物や横浜の在留外国人を中心にジャパン・ヨコハマ・ブルワリーを設立。後にウィーガントはヘフト・ブルワリーに移ります。(同ブルワリーはいったん閉鎖後に1874~1875年頃にババリア・ブルワリーとして再建される)

1870年にアメリカ人のウィリアム・コープランド氏によりスプリング・バレー・ブルワリーを開設。日本初の大衆向けビールの醸造販売を開始しました。(1875年に日本初のブルーパブであるスプリング・バレー・ビヤガーデンを工場隣接の自宅を改装してオープンしました)

1884年にスプリング・バレー・ブルワリーは倒産し翌85年に香港国籍の企業であるジャパン・ブルワリーを開設し、この当時最新の醸造設備をドイツより購入し本格的なドイツ風ビールの醸造を始めました。

1888年に麒麟ビールを大瓶1本18銭で発売開始。翌89年にラベルのイラストに現在のラベルの元にもなっている麒麟のイラストを使用し始めました。

1907年に純日本国籍、日本資本の企業である麒麟麦酒株式会社を設立し、現在の体制の基礎に当たる会社が設立されて様々な出来事がありながら現在に至っております。

キリンビール 公式サイト

ホワイトエールってどんなビアスタイル?

ホワイトエールは、原材料に大麦に加えて小麦を使用し、オレンジピール、コリアンダーで風味付けされているのが特徴です。

またプレーンヨーグルトのような酸味とフルーティーでスパイシーな香りがあり、重たいペールエールやホップの効いたIPAが苦手な方にとっては飲みやすいビアスタイルで女性にも人気です。

GRAND KIRIN WHITE ALEのコンセプト・パッケージについて

コンセプト

小麦麦芽の優しい味わいと、白ワインを思わせる希少ホップ「ネルソンソーヴィン」の香り。
華やかさと柔らかさが絶妙に調和した、醸造家のクラフトマンシップが詰まったクラフトビール。

出典:https://www.kirin.co.jp/company/news/2019/0716_01.html

パッケージ

今年5月にパッケージがリニューアルされました。

ホップの華やいだ香りと味わい、小麦麦芽の甘みのある味わいの全体的な爽やかさをイメージできるような水色を基調としたデザインとなっています。

グランドキリンのパッケージはどれもお洒落で、見た目も華やかで良いですね!

GRAND KIRIN WHITE ALEを飲んでみた感想

苦味★★
酸味★★
コク★★★
香り★★
のどごし★★★
編集部感想

まず飲んでみてハッとしたのが香りですね!
缶にはネルソンソーヴィン由来の白ワインのような香りとあるのですが、私の感じとしては甘いマスカットのようなフルーティな香り、という印象を覚えました。
他にも小麦を使うビールに共通しております小麦麦芽由来の甘い香りもしました。

グランドキリンシリーズではディップホップというキリン独自の製法があるとのことです。

一般的にビールを作る際にホップは麦芽を煮出した麦汁と呼ばれる物を煮沸する際に加えるのですが、ディップホップ製法では先の煮出した麦汁に酵母を加えて発酵させる際に漬け込み、香りを最大限に引き出すというものです。

この製法はグランドキリン全商品に共通しているとの事ですので、グランドキリンを飲む際には、ディップホップ製法を意識して飲んだり、他の商品と飲み比べてみるのも面白いかもしれませんね!

次に味としては、甘いマスカットジュースを飲んでるかのようなフルーティさと甘さが1番の印象です。
苦味も弱くモルトの甘味も程よく表れています。ホップのフルーティで甘い味わいと苦味とのバランスが取れており、総合的には甘めな味ではあるが苦味や麦の甘みとの調和が取れてるビール。というような印象を受けました!

喉越しは炭酸のドライな感じが強いですね。
そして後味はフルーティで甘味が合わさった味わいです!

個人的に残念に思ったのが、オレンジピールとコリアンダーが使ってない事です。
一般的にホワイトエールというとベルギーのベルジャンホワイトエールを思い浮かべる方が多いと思いますが、筆者もベルジャンホワイトなんだろうな…と思って飲んでしまい、少々残念に感じてしまいました。

ですが、ネルソンソーヴィンの良い香りが強く出ているので、オレンジピールとコリアンダーも加わると、白ぶどうのような甘み、オレンジピールの爽やかさ、コリアンダーのスパイス特有のスッとする爽やかさがあると、かなり美味しいビールになると思いました。

もちろん品物としては文句ない美味しさです!
けど違いがあるからこその際立つ個性がクラフトビールの魅力でありますので、違いを楽しむという事も楽しめると思います!

GRAND KIRIN WHITE ALEはどこで買える?

Amazon・楽天などのオンラインショップでご購入いただけます。

また、酒販店・スーパー・コンビニ等でも扱ってる店舗さんも多いと思いますので、是非探してみてください!

created by Rinker
グランドキリン
¥6,380 (2019/11/15 08:53:14時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
FOLLOW US
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中

新着記事