THE 軽井沢ビール「ダーク」苦そうで苦くない?!優しい口当たりのビール

THE 軽井沢ビール「ダーク」苦そうで苦くない?!優しい口当たりのビール

商品概要紹介

THE 軽井沢ビール「ダーク」は、麦芽、ホップ、水、原材料すべてにこだわって造られた柔らかで芳醇な味わいが楽しめるデュンケルスタイルのビールです。
しかし「ダーク」は他のデュンケルと違い「米」が原材料の一部として使用されています。

基本データ
値段:1本あたり269円(税込)
内容量:350ml
アルコール:5%
IBU:-
ビアスタイル:デュンケル
国:日本(長野)

醸造している軽井沢ブルワリーとは?

2013年、日本有数の避暑地、軽井沢にて軽井沢ブルワリー株式会社が設立され、「THE軽井沢ビール」の醸造が始まりました。
ビール造りに最適な浅間山の清らかで美味しい名水を使用しています。

ちなみに軽井沢ブルワリーは工場見学も可能です。
世界的な日本画家・千住博画伯と軽井沢千住博美術館の協力によって、まるで美術館を訪れているような、そんな雰囲気を味わうことができる美しい工場です。

最新鋭の設備と経験豊かなブルワーによる醸造を見ていただいた後は、名画に包まれたビアホールで、作りたてのビールを楽しめるそうです。

この機会に軽井沢ブルワリーの味の秘密を探ってみるのはいかがですか?

軽井沢ブルワリー 公式HP

デュンケルってどんなビアスタイル?

デュンケルとはドイツ語で「暗い」を意味します。

ドイツ・ミュンヘン発祥のラガー(仮面発酵)、ローストした麦芽を使用しているためブラウン色が強いビールです。そのため甘く香ばしい麦芽の香りがとても特徴的。

色味が濃いため、苦味が強いイメージがありますが、デュンケルの場合はダークモルトを使用することでチョコレートやキャラメルといった味わいのあるビールになります。

THE 軽井沢ビール「ダーク」のコンセプト・パッケージについて

コンセプト

軽井沢の贅沢感たっぷりの、濃色で芳醇なビールです。

出典:https://brewery.co.jp/product/dark/

パッケージ

以前同じTHE軽井沢ビール「白ビール」をレビューしましたが、「ダーク」のパッケージはその「白ビール」と所々色が違うだけで全体のデザインはほぼ一緒でした。
ゴールド色が背景で、「白ビール」よりは少し大人な雰囲気を醸し出しております。

強いて言えばただ微妙に山の形状が違う。そして木の本数。笑
一見一緒かと思いきや、デザインの細部までこだわりが活かされていると思います。

THE 軽井沢ビール「ダーク」を飲んでみた感想

苦味★★★★
酸味★★
コク★★★★
香り★★★★
のどごし★★★
編集部感想

デュンケルは黒ビールに属するスタイル=色はほぼほぼ濃いめ=苦いに違いない!!という心構えをし、いざ「ダーク」に挑んでみました。

最初になんだかリンゴジュースの匂いが鼻にきました。色も想像していたよりも濃くはなく、、確かにローストした麦芽を使用してるので色が濃くなるのですが、真っ黒と言われるほどではありません。身近なもので例えるなら、麦茶のような感じでした。

そしてビールの味ですが、真っ黒ではなくてもやはり色は濃いめなので、「これは予想通り苦い」と思っていましたが、見た目と相反してなんと飲みやすいことでしょう!!苦くない!!

炭酸は、、、弱めでのどにすっと通ります。

特徴として「ダーク」は米が原材料として使用されていますね。個人的にはこの米が味をまろやかに、そして優しい口当たりのビールに仕上げているのではないかと思いました。後味もその影響もあって甘みも感じるんですよね。いやそれともモルトの甘みでしょうかね。

今回飲んだ「ダーク」はごくごく、ぷはーと飲むよりも、料理と一緒にゆっくり楽しんで飲む時にふさわしいと思います。あのまろやかな口当たりは少し濃いめの味と合いそうです!

THE 軽井沢ビール「ダーク」はどこで買える?

Amazon・楽天等のオンラインショップでご購入いただけます。

created by Rinker
¥6,028 (2020/03/29 23:33:53時点 楽天市場調べ-詳細)

CRAFT BEER TIMES 編集部
この記事を書いた人
CRAFT BEER TIMES 編集部
クラフトビール情報をお届けするWEBメディア「CRAFT BEER TIMES」の編集部
SNSで記事をシェアする
SNS更新中
全32種のゆるいビールキャラたちのLINEスタンプ販売中